[ 主婦 ] 松居 一代 ブログ -船越家の毎日-

  • 6月 8日  金曜日 

さくら石

 

来年の船越のお父さんの七回忌をめどに

 

立て直しをする「お墓の打合せ」を自宅で行いました

 

船越も夕方には仕事を終えて初参戦

 

 

 

 

いくつもの石の中から、万成石を使うことに決定しました

 

この石は 別名「さくら石」とも呼ばれています

 

 

 

実は・・・その名前に船越も私もぐっとこみ上げてくるものがありました

 

 結婚して2年目でした

 

素晴らしいことに46歳の私は妊娠したのでした

 

それはそれは・・・念願叶ってのことでしたので

 

神様に感謝の気持ちでいっぱいでした

 

 

 

 

ところが・・・ある日のことでした

 

検診にいったところ

 

赤ちゃんの成長が止まって心臓の鼓動が聞こえなくなっていたのです

 

 

病院からどこをどうして帰ってきたのか記憶がないほどでした

 

 

 

赤ちゃんは女の子でした

 

その時に 船越と私が亡くなった胎児につけた名前が「さくら」だったのです

 

 

そのことから船越家のご先祖様に

 

「さくら」のことを見守っていただきたい気持ちも手伝って

 

今回 墓石に「さくらを選らんだわけです

 

 

 

 

時々 さくら がいたら・・・と想うこともあります

 

 

でも、きっと 船越と息子そして私の三人の生活が一番良かったから

 

さくらが天国に行ってしまったんだと信じています

 

 その分も私は しっかりと生きていかないといけない!!!と思っているんですよ217.gif